保険料と税のあり方を考えるとき、社会保障の歴史を理解しておくことも必要です。少し古いインターネットのデータですが、この紹介はとても参考になります。