都合悪い資料は提出しないというのは、国だけではないようですね。

 中日新聞8月1日の報道によると、滋賀県の甲良町が、町民から徴収した固定資産税滞納の延滞金の一部を返還した問題で、町監査委員から臨時監査で求められた資料の提出を拒み続けていることが分かった、そうです。あれあれ、ここでも、という感じでしょうか。