政府税調でも、小塩 隆士「所得格差・貧困・再分配政策」が検討されました。これはいいことです。税制改革をするときに忘れてはならない視点だ、ということを再度強調しておきたいと思います。