このところ、慶応の井手教授は安心社会形成のための増税の必要性を強調しています。同感ですが、橘木教授は消費税5%から、8%に引き上げたときに、国民がその利益を実感できなかった、ということも指摘しています。たしかに、このことは重要でしょうね。政治の責任ですが、税を公平に徴収し、国民の大多数が増税のメリットを実感できるような歳出を実現できるか、焦点はここにあるようです。選挙の際の中心的争点にしてほしいものです。