台湾行政院(内閣)は4日、法人税率を現行の17%から20%に引き上げることなどを柱とした法案を立法院(国会)に近く提出すると発表したそうだ。法人税率は馬英九前政権時代の2010年に25%から17%に引き下げられていたが、蔡英文政権ではこれを20%へ引き上げとのこと個人が納める所得税については最高税率を現行の45%から40%に引き下げ、税負担を軽減するそうだ。