東洋経済オンラインに「「庶民ほど税に苦しむ」異常な国、日本の現実」という記事が掲載されている。ふるさと納税や合同会社の実態をふまえて、次のように指摘している。

日本では再分配の前と後で貧困率を比べると、勤労者や子供のいる世帯で再分配後のほうが貧困率は上がる逆転現象が起きている。これは、経済協力開発機構(OECD)の加入国で唯一の現象で、先進国として恥ずかしい事態だ。 

 まったくその通りだ。これでは、払税の意識が育たない!