『デンマーク人が世界で一番幸せな10の理由』によると、あれほど高い税負担について『高すぎる』という人が20%にすぎず、66%が妥当と評価しており、なんと20%もの人が安すぎる、と評価している。税を出すことが、自分の生活上の便益(たとえば、医療費はただ)と密接につながっていることの表れですね。日本でもこの方向を目指すべきだと思うのですが、自己責任のない日本人だとただ乗りする連中が多いからダメだ、という政治家の批判を聞いたことがあります。今の仕組みの中ではそうかもしれませんが、社会と市民の意識を変えていくことが政治家の責任だろうと思います。