払税者がその税金の支出先を特定できることが本来のメリットであったふるさと納税は、いつの間にかお土産合戦に堕落してしまった。そんな中で、ある自治体の試みが注目されています

お土産目当てではなく、貧しい子供たちへの給付に力点が置かれています。