韓国の新政権の増税政策について、与党はそれの支持を広げるためにネーミングで勝負のようだ(この記事参照)。大企業に対する課税を「名誉税」とか「愛税」としようとする与党、これに対して、『税金爆弾』として批判する野党。まあ、税金問題が政争の中心になるのは悪いことではない。一部の企業に対する増税を市民は支持してるようだ。しかし、市民自らも負担していくという姿勢を持っているかは不明。